アパレルでコロナ感染のリスクは?自分の身は自分で守る!

アパレルのデメリット

コロナウイルスが猛威を振るっていますね。

東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に明日にでも「緊急事態宣言」が出されましたね。

みんな不安な日々を過ごしていますが、
アパレルで働いているあなたもコロナへの感染が心配ですよね。

 

私が働いているアパレルショップも毎日閑散としていて、スタッフたちはみんなかなりのストレスを感じながら働いています。

でも、どこか他人事でした。

 

ところが、

コロナに感染したかもしれない人が…

そう、コロナに感染したかもしれない人がスタッフの家族に出てしまったのです…

私のいる地域は「非常事態宣言」は出ていないですし、感染者の数も日に日に増えているとはいえ、まだ自分とは遠い出来事。と思っていました。

 

でも、脅威はある日突然やってくるんですね。

店長から、
「スタッフの家族にコロナのような症状が出ている方がいる。万が一そのスタッフも陽性だった場合はあなた方も濃厚接触者です。」
と言われスタッフ全員青ざめました。

小さな子供がいる家庭や、奥さんが妊婦さんの家庭、高齢の方がいる家庭、自分自身が喘息持ちなど、みんな家庭や自分の環境は様々です。

 

しかも、すぐに検査してもらえるのかと思いきや、熱が4日間出続けないとコロナの検査って受けられないんですね…

 

「え!コロナ!?まさか自分も既にかかってる!?」

という恐怖に反して、検査結果が出るまでの4日間は普通に営業を続け、私たちは自分がコロナウイルスに感染しているのではないかという恐怖と、他の人に移したらどうしようという恐怖を抱えながらも、表面上は日常を過ごさなければなりませんでした。

もちろん、きちんとわかるまで騒ぎを起こすべきではないですし、経済を守ることも大切です。

でも、もしそのスタッフの近親者の方がコロナだった場合、可能性を知っていながらも、隠しながら営業していたことにもなりますよね。

実はこんなどうしようもない状況が各地で起こっているのではないかと思うと外へ出るのが怖くなりました。

 

店長は奥さんが妊婦さんなので、実家に帰ってもらったと言っていました。

ご高齢のお婆様がいるスタッフは、家に帰るしかなく、とにかく部屋から出ない生活を送ったそうです。
しかもそのスタッフの兄弟は医者であり、絶対に移さないようにトイレはそのスタッフだけ別、お風呂は入ったあと完全に消毒したとのこと。

何人かは家族に移したくないという理由から、家に帰らず検査結果が出るまでホテル生活をすることを選びました。
私もその内のひとりです。

 

結果コロナが疑われたスタッフのご家族は陰性で一安心。

でも、もしも陽性だった場合どうなっていた?

検査結果がでるまでスタッフ間でかなり話し合ったことなのですが、
もしスタッフのご家族が陽性だった場合、そのスタッフも陽性の可能性が出てきますよね。

で、そのスタッフが陽性だった場合、確実に私たちも濃厚接触者です。

 

奥さんに実家に帰ってもらったり、部屋で軟禁状態になっていたり、ホテル暮らしをしていたりする状態が4日続いただけでも、みんな不安で心配で疲労がたまりました。

ホテル暮らしは、4日くらいならみんなで旅行している気分で楽しかったりもしたのですが、仮に陽性でその生活が延びた場合、とてもじゃないですがお金が持ちませんし、そんなに長い期間家に帰れない、家族に会えないなんてさすがに耐えられません。

 

検査して自分も陽性だった場合、症状が出るのも恐ろしくて嫌ですし、無症状の場合は自宅療養になるのか?と考えると家族にうつしたくない。

そうなったらまたホテル生活に?いやでも、陽性だとわかっているのにホテルに泊まっても良いのか?誰かにうつしてしまうんじゃないか?

と、陽性だった場合、もうどうすれば良いかわかりません。

 

今回は陽性ではなかったので、すぐに日常生活を取り戻せましたが、日常生活がきちんと送れなくなる大変さを今回実感し、先が見えない恐怖も味わいました。

 

アパレルは感染の危険にさらされている

他の接客業もそうですが、アパレル販売員も今、コロナ感染の危険にさらされながら毎日働いていますよね。

みんなコロナのニュースを毎日見ていながらも、どこか自分からは遠いところにあるものだと思っています。

 

でも、今回の件で私は他人事ではないと感じました。

そして、万が一、感染している方がお客様としていらしたり、一緒に働くスタッフが感染していたりした場合、そしてショップの入っているビルでクラスターが起きた場合、感染のリスクは避けられないと感じました。

 

感染した可能性があるだけで家に帰れません、いつも通りの生活が送れません。

感染したら辛い症状が自分にも出るかもしれません。
命に関わることさえありえます。

自分が誰かにうつす可能性もあります。

 

すごいリスクを負いながら働いていると思いません?

 

非常事態宣言が出た地域の商業施設は休館が相次いていますが、週に何度か少人数のスタッフが出勤し、作業などをしているところもあるそうです。

私のいる会社も非常事態宣言が出された地域では、月・木で少人数のスタッフが出勤しているそう。

お客様は来ませんし、スタッフも少人数ですが、行き帰りの電車は今だに混み合っているそうですし、どこで自分が感染してしまうかわからないですよね。

 

今は、
在宅ワークにするのが一番良い。
不要不急の外出以外は避けるのが一番良い。

でも、私たちアパレル販売員はこれを許されない。

会社は私たちを守ってくれるようで、結局ひとりひとりを守ることなんてできないんです。

利益は上げなければいけませんから。

もちろん経済を回すことも大切ですが、まずは命が一番大切です。

 

あなたも大切な人を守りたいですよね。
自分のことだって守りたいですよね。

それなら自分たちの身は自分たちで守らないとなんですよ。

 

こういう非常事態になったら、即座に自分や家族を守れる。
そういう生活を送りたいですよね。

 

私は、
ネットでの副業をやっているのですが、こういう事態になった時に、ネットでの副業は本当に強いなと思いました。

本業にしている人はなおさらですね。

ネットの副業なら働き方は自分で決められる

これは今、コロナで大変な状況以外でも言えることですね。

ネットでの副業はきちんと正しいやり方でやっていれば、
月に数万円〜数十万円稼ぐことも可能です。

数千円〜数万円ならお小遣いが稼げますし、
数十万円まで行ければ本業をネットビジネスの方へ移すこともできます。

 

そうなれば、
今回のコロナのような事態になった時に、さっさと在宅ワークを決めて、自分たちの身を守ることができます。

会社が潰れる心配もしなくて良いですし、売り上げが下がって出勤を減らされたりしても大丈夫。

 

もし今、
将来のことがとても不安で、お金のことがとても不安なら、
実際に出勤が減らされたり会社倒産の危機に面しているのなら、
動き出しましょう!

悩んでいる暇はありません。

みんなが不安で辛い状況ですが、こんな時こそそれぞれが自分の足で立って、お互いを支え合うべきだと思うんです。

そうすれば足元がグラついてしまった人のこともみんなで助けてあげられます。

 

あなたが今できることは何なのか?

これを機会に考えてみましょう。

 

アパレル経験のあるあなたにまずオススメなのが、

「キャッシュバックシステム」を使って、
無料でもらえる商品をメルカリで売って稼ぐ方法。

これでとりあえず数千円〜数万円は稼げます。

世の中には有名商品を完全無料でもらえる方法があるんです。

もちろん全く怪しくない法にも全く触れない方法です。

まずはこの方法で自分でお金を稼いでみる。

そこから更にいろんな方法がある事を知っていけばあなたにあった方法に出会えるはずです。

こうやって自分で稼ぐという道へどんどん進んでいくのがオススメですよ^^

 

まさに私が歩んでる道ですが。笑

いつ収束するのかわからない状況が続いていますが、無事でいましょう。

明るい未来を信じましょう。

不要不急の外出は避けてお家でできることをやりましょう^^

 

 

アパレルを楽しく続けながらもっとお金を稼ぎたい!

もうアパレル辞めちゃいたい!
貧乏アパレル店員から解放されたい!

そんなあなたに在宅で隙間時間に、
自分でお金を稼げるようになる方法を教えます。

ぜひこちらのメルマガに登録してくださいね^^


無料メルマガ登録はこちらからどうぞ

アパレルってみんな貧乏…そんな常識を覆しましょう!

アパレル販売員のあなたが、
楽しくオシャレに「お金持ち」になれたら人生最高ですね!

自分の力で稼ぐことって誰にでも可能なんですよ。

その方法を無料メルマガで詳しく配信していきますので、
ぜひご登録してみてくださいね!

宜しくお願い致します^^

登録フォームがうまく表示されない場合は
こちらから

 

アパレルで働きながらお金持ちになる方法

は必須項目です

  • メールアドレス
  • メールアドレス(確認)
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください

 






 

アパレルのデメリット
あすみをフォローする
アパレル販売員がお金持ちになる方法

コメント

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!


人気ブログランキング

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました